太陽光発電でちょっとだけ経済的自由を手に入れてFIREを目指そう

これから産業用太陽光発電に手を出すのは危ない!と言われる2019年。そんな中で購入することとなった(購入しちゃった)太陽光発電所を夫婦二人三脚で運営していきます♪

【2021年版】太陽光発電の経費って月にするといくら?

f:id:moyashinet:20200606224715j:plain

こんばんは。社畜リーマン兼太陽光発電家のもやしです。

 

太陽光発電事業を開始してみて、毎月の売電収入がコンスタントに発生するのに対し、税金や契約メンテナンスといった経費は年1回~数回であることから、月ごとに収支の偏りが発生することが分かりました。ちょっと考えれば当たり前の話なのですが、そういう常識を抜け落とせるというのがぬるま湯に浸っているサラリーマン根性なのかもしれません。

副収入ポートフォリオの計算のためにも、太陽光発電事業に係る経費を洗い出し、それを12か月で案分してみることにしました。太陽光ブログにはスゴイ方がいっぱいいますけれども、イチサラリーマンが太陽光発電事業に手を出すとこんな感じになるよって感じで等身大の姿を参考にしていただければと思います。

イチサラリーマンが太陽光発電をする理由としては、節税目的という場合もあると思いますが、多くの場合は副収入を目的にするかなぁと思います。そこで、このページでいう経費とは損益計算上の経費ではなく、いわゆるキャッシュアウトを指して考えています。

 

 

太陽光発電の開始後、どういった経費が発生するのか?

借入金(ローン)の返済
 ニコニコ現金払いの場合は関係ありませんが、通常はソーラーローンを組んで10年~20年かけて設備代を返済していくことになります。月々の支払いが、売電収入を上回ると持ち出し(給与から返済を補填)が発生しますので注意が必要ですね。
土地賃料・固定資産税
 土地が賃貸の場合は賃料が発生しますし、売買の場合は固定資産税が発生します。
 なお、売買では不動産取得税もありますが、1回だけの支払いですから別枠で計算するほうがしっくりくる(つまりここでは計算に入れない)と思っています。
償却資産税
 発電設備など減価償却する資産は持っているだけで税金がかかります。本来は固定資産税なのですが、土地と区別するために償却資産税と呼ばれますのでここでもそうします。
火災保険・休業保険料
 保険は大事ですね。販社さんのほうで一括契約している場合もあれば、メンテ契約に内包される場合、保険は別建ての場合など個々のケースに応じて考える必要がありますね。
メンテナンス契約
 自分でやるよ!って人はゼロですが、サラリーマンの兼業投資家の場合メンテ契約するのが一般的かと思います。販社さんから分譲太陽光発電所を買った場合にはメンテ契約が必須(紐付きと言うらしい)になることもあります。
その他
 昨年は1号基のパワコンが故障しましたが、引き渡し間もないタイミングでの故障であったため、販社さん側で対応してくれました(←機器は保証で無償になるけど人件費は有償になるらしい)。2号基の連携から1年が経過して振り返っても上記くらいしかお金の出はありませんでしたので、それ以外は突発的な費用として考えておけば良さそうです。

もやし家の太陽光発電所の場合

2019年連携が1基(土地売買)、2020年連携が2基(土地売買と賃貸1基ずつ)の構成です。項目の一部は概算で計算していきます。
借入金(ローン)の返済
月々の返済は約407,000円です。
これまでの記事で、フルローンはヤバイ!フルローンはダメだ!と言いながら3基ともフルローンになっちゃいました。これはフルローンのヤバさに気づいたときには、手続きの関係で後戻りできなかったところに敗因があります。
さらに、繰り上げ返済して月々の負担を軽くしたいところですが、住宅ローンのような返済額軽減式の繰り上げ返済ができず、期間短縮型しか選べないというのも後になって知りました。このあたりは、引き続きキャッシュフローを注視しながら進めていく必要がありますね。
土地賃料・固定資産税
1号機&2号機は土地を売買で購入したので土地の固定資産税の支払いが必要です。
2号基が昨年27,000円の税額でしたので、1号基も仮で同額としておきます。
3号機は土地を賃貸で運営していて、月額12,500円の賃料が発生します。
償却資産税
3号基は生産性向上特別措置法に基づく先端設備等導入計画の認定を受けたことで、パネルとパワコン分の償却資産税が3年間免除されることになりましたが、先日の記事の通り工業会証明書が到着しなかったことで2021年分としては免除なし(泣)

設備代を1基あたり1,800万円として計算すると・・・
1号基・3号基は初年なので1,800万円×(残価率)0.936×1.4%で1基236,000円。
2号基は2年目なので残価率は0.936×0.873となり、約206,000円となります。
3基合計で678,000円とは…税金高いなぁ・・・工業会証明書の未着痛いなぁ・・・
火災保険・休業保険料
1号機・2号機は販社さんの保険で10年間分の火災保険料が込みだったので、休業保険分として1基あたり年間2,000円でした。
3号機は自分で保険を手配しないといけなく、オールリスクの保険で57,000円でした。
メンテナンス契約
メンテ紐づき(涙)で、1基150,000円、3基合計450,000円です。

合計で・・・

土地税・賃料:17,000円/月
償却資産税:678,000円/年→56,500円/月
保険料:61,000円/年→5,100円/月
メンテ契約:450,000円/年→37,500円/月
で月あたりに均すと116,100円/月となります。

これに借入金返済407.000円/月を加算すると523,100円/月(滝汗)
前段で費目を書き出しているときに薄々感じていましたが、計算して確信に変わりました。

これ確実にキャッシュフローがマイナスになります。

メンテ契約と保険料については、一部のメンテ契約では込々で月1万円を切るところもあるようです。メンテ紐づけでない販社から購入した場合は、気持ち余裕が生まれるでしょうが、改めて借入金の返済比率が極端に高いことが目に付きますね。

こんな失敗をしないよう、これから太陽光発電を購入する場合にはフルローンは絶対にやめておいたほうが良いと改めて実感しています(泣)